錦織に足りないのは多分、めげない心と開き直り



ウィンブルドンの男子準々決勝。
小生が世界最強と信じて已まない第1シード、
スイスのロジャー・フェデラー(35)が昨日、
第8シードのケビン・アンダーソン(32)と云う、
南アフリカの名も無き選手に敗れる波乱があった。
ま、第24シードの錦織(28)より上の評価なんだから、
全く無名と云う訳では無いんだろうけど。

さて、その錦織。
自身初のベスト8進出の勢いを利して、
このまま一気に全英の頂点へと突き進んで欲しい所だが、
相手が悪い、と云うか、悪すぎる。
今回第12シードとは言え、
これまでの錦織との通算対戦成績13勝2敗、
しかも12連勝中と錦織を圧倒、
あのコワイ顔で吠えまくるセルビアの怪人、
ノバク・ジョコビッチ様(31)なのだ。
Today's BGM
空に星があるように(BEGIN)
逢えてよかった(Le Couple)
歌うたいのバラッド(斉藤和義)


しかし、女子はベスト16に、
上位(第10シード以内)の選手が1人も残らないと云う、
前代未聞の波乱の展開をみせたので、
もしや男子もとの期待が膨らんだが、
幾ら好調には程遠い状態であっても、
サーブの前にボールをこれでもか、これでもかと、
十数回に亘って突く位の嫌がらせは容易に出来る訳で、
錦織は今回、またもやジョコビッチの無慈悲な作戦によって、
メジャー・タイトル奪取の夢を見事、
完全に打ち砕かれてしまったと云う訳なのだ。

なお、ジョコビッチが昨日、審判より受けたバイオレーションとは、
ひと言で言えば、マナー違反に対するペナルティで、
プレーヤーによる遅延行為は固より暴言や淫らな仕草・表現、
或いはラケットを叩きつけたりといった、
凡そスポーツマンにあるまじき行為に対し1回目は警告、
2回目は1ポイント、3回目は1ゲーム、
そして4回目ともなると「失格」を食らった挙句、
その大会の賞金さえも没収されてしまうのだそう。
錦織も(偶にやるラケットを打ち付ける仕草は)超見苦しいし、
応援する気持ちも失せてしまい兼ねないので、
今後十分肝に銘じるべし!

0 件のコメント: