タイガー、復活の80勝目!


お約束の4日目勝負服を身に纏ったタイガー

ジョージア州アトランタにあるイーストレイクCCで行われた、
PGA「TOUR Championship」最終日は、
首位でスタートしたタイガー・ウッズ(42)がそのまま逃げ切り、
2013年のブリヂストン招待以来、
実に5年ぶりとなるツアー制覇を果たした。
しかも、記念すべきツアー通算80勝目(歴代2位)。

通算勝利数の歴代1位は、
"スラマー"ことサム・スニード(故人)の82勝で、
3位は"帝王"ジャック・ニクラス(78)の73勝。
以下64勝のベン・ホーガン、62勝のアーノルド・パーマー、
52勝のバイロン・ネルソン、51勝のビリー・キャスパー、
45勝のウォルター・ヘーゲンとビッグ・ネームが続くが、
何れも故人である。
Today's BGM
横顔(大貫妙子)
せぷてんばぁ(Crazy Ken Band)
マイピュアレディ(尾崎亜美)

フェデックス・カップ総合優勝者となったジャスティン・ローズ(イングランド)

現役では、今年の全米OPにおける、
まさかの愚行で顰蹙を買ったフィル・ミケルソン(48)が43勝、
トム・ワトソン(69)が39勝で夫々9位と11位Tにランクインしているものの、
ミケルソンは精神的に峠を越した感を否めないし、
来年古希を迎えるワトソンもタイガーに追い付くのは、
どう足掻いたとしても不可能。
従って、あとの関心はタイガーが歴代1位になれるか、否かのみだ。
(タイガーは2020東京五輪への出場も狙っているとのこと)

なお、タイガーのツアー選手権優勝は今回で3度目。
彼が初めて勝利したのは、ニッカーボッカーズにハンチングという、
お馴染みのスタイルでファンを魅了した、
あのペイン・スチュワートが奇しくも今のタイガーと同じ42歳の時、
本大会の会場があったテキサス州ダラスへ向かう際に、
チャーター機の墜落という、まさかの事故で亡くなった1999年。
その翌年の2000年から、ゴルフを通じて社会に貢献した人に対し、
「ペイン・スチュワート賞」が贈られるようになっている。
因みに今年は、ドイツのベルンハルト・ランガー(61)が受賞。
歴代受賞者は、次の通りとなっているが、
タイガーは残念ながら未だ受賞していない(修行が足りない)ようだ。


全米オープンを制した時のペイン・スチュワート

願わくは土曜日を今一度「半ドン」に



折角の満月も生憎の天気の所為で観れなかった、と仰る方のために、
ネットで拾った今宵の「中秋の名月」。篤とご覧あれ!
(本物の満月は明晩とのこと)

さて本日は、昨日が秋分の日だったことによる「振替休日」。
ご存じの通り我が国では、日曜日に祝日が重なった場合は、
次の平日(大抵は月曜日)を休みとする、
如何にも仕事好かずの公務員が発案したと思しき決まりがあるので、
その法律に則って、意図的な3連休が作られている。
ま、「週休2日製」がすっかり定着した昨今、
土曜日が振替の対象になっていないのが、
せめてもの救いなのかも知れないが、
休みが増えることで迷惑を被っている人は実際、
我々を含めて世間に大勢いる訳だし、
経済や精神衛生上も果たして如何ほどの効果があるのか、
正直疑問と言わざるを得ない。
Today's BGM
満月(池田聡)
アザミ嬢のララバイ(研ナオコ)
月のあかり(桑名正博)


そこで提案なのだが、古き良き時代に戻って今一度、
月~金は全員でフルに働いて、土曜日は半ドン、
日曜日だけ休みとならないものか?
そうすれば、日めくりの土曜日が、
わざわざ青インクで刷られていることにも十分納得が行くし、
土曜日の仕事自体が、
「早く片付けて、午後から別の予定を組む」という意味において、
凄く効率よく捗るような気もする。
また、日曜日の有難みも、きっと今より遥かに格別なものに。

因みに「半ドン」は江戸時代後期、
蘭語の日曜日を意味する zondag が出島より伝わり、
それが訛って休日・休業を「ドンタク」と呼んだことに由来し、
半分休みの意味で土曜日を「半ドン」と呼ぶようになったのだとか。
なお、土曜日の半休は英国発祥(1850年)。
我が国では1876(明治9)年、
日曜日の全休とともに官公庁に導入されたらしい。

祝:池田20勝。海外でも、もう少し頑張れ!



埼玉・武蔵CCで行われたアジアパシフィック・ダイヤモンドカップ最終日は、
首位スタートの池田勇太がスコアを3つ伸ばし、
2位に6打差の通算-15で嬉しい今季初優勝。
自身の通算勝ち星を20とした。
32歳275日での20勝到達は、
中嶋常幸(30歳261日)、
尾崎将司(31歳118日)に次ぐ史上3位の若さ。
池田に抜かれた倉本昌弘(32歳299日)は4位に後退した。

なお、優勝賞金は3,000万円。
さらに副賞としてスポンサーからエクリプス・クロス(三菱自動車)、
4Kの録画テレビ(三菱電機)、
一番搾り350ml缶1年分(キリンビール)などが贈られた。
Today's BGM
曼珠沙華(山口百恵)
(吉田拓矢)
ダンスはうまく踊れない(石川セリ)


但し、缶ビール1年分と一口に言ってもだ。
小生みたいに週に3本位しか飲まないヤツもいれば、
毎晩10本は空けないと気が済まないというツワモノもいて、
一概に何本とは決められないような気もするが、
この手の賞品(飲料やカップラーメン等)で「一年分」とする場合には、
大体1日1本(個)が相場で、
24本入りの缶ビールなら15ケース(360本)が貰う側の希望により、
一括、若しくは分割で届くのだそう。
(新婚さん、いらっしゃいの「たこ焼き1年分」は冷凍たこ焼き365個、
「米1年分」の場合は月5kgの計算が多いとのこと)

因みに、男子ゴルフ(日本ツアー)の20勝到達者は過去に10人いて、
池田が11人目。25勝で永久シードとなる。
01位:尾崎将司(94勝)
02位:青木功(51勝)
03位:中嶋常幸(48勝)
04位:尾崎直道(32勝)
05位:片山晋呉(31勝)
06位:倉本昌弘(30勝)
07位:杉原輝雄(28勝)
08位:谷口徹(20勝)
08位:中村通(20勝)
08位:グラハム・マーシュ(20勝)


我々の"同級生"、尾崎直道

恐るべし!電気自動車の底力



我々が生きている間は大丈夫だとしても、
いつかは必ず底を突く、石炭、石油、天然ガス等の化石燃料。

ま、最近ではメタンハイドレートや、
シェールガスなどの利用も検討されているので、
寿命は当初の予測(今世紀半ば?)よりも多少延びる傾向にあるのかも知れないが、
これらが燃える時に排出される二酸化炭素や窒素・硫黄酸化物等々が、
大気汚染や地球温暖化を招いているのは紛れもない事実で、
環境に優しい再生可能エネルギーへの移行が急務となっているのも、
ご承知の通りかと存ずるが、
昨日のNHKのこちらのニュースをご覧になれば、
「よし、今度買う時は絶対電気自動車にしよう」と、
貴兄も多分、思われるのでは無いだろうか?

ということで、今日も面白アクション映画を2本ご紹介。
Today's BGM
胸にあふれるこの想い(加川良)
京都慕情(O's)
赤ちょうちん(かぐや姫)


先ずは1作目。
2006年公開のアメリカ映画「The Sentinel」(邦題:陰謀の星条旗)。
ピートはSS(シークレット・サービス)に勤務する20年来のベテラン警護官であり、
レーガン大統領暗殺未遂事件では自ら銃弾を受けて大統領を守ったという、
SS内でも尊敬の絶えない伝説的な人物だが、女への手癖が悪く、
親友で同僚のデヴィッドの妻を寝取って仲違いし、
そして現在は警護対象である大統領夫人サラと関係を持っていた。
ある時、タレ込み屋のウォルターより大統領暗殺計画が進行していることと、
それにSSの人間が関わっていることを知り、
その報告を受けたSSでは内通者捜しが始まる。
マイケル・ダグラス、キーファー・サザーランド、エヴァ・ロンゴリア、キム・ベイシンガー。
「sentinel」とは、見張り、番人のこと。

2作目は、1999年公開のアメリカ映画「Entrapment」
ニューヨークで発生したレンブラントの名画盗難事件は、
その保険会社に莫大な損害を齎した。
様々な状況証拠から美術専門泥棒として、
その名を欲しいままにしていたマックの仕業であった事を突き止めると、
損害の補填の為、マックを罠にかけるよう画策を始める。
そのような経緯で派遣された保険会社調査員のジンは、
ニューヨーク、ロンドン、クアラルンプールなどでパートナーとしての信頼を得、
最終的に80億ドルとも言われる、とある銀行預金に目をつける。
ショーン・コネリー、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、ヴィング・レイムス。
「entrapment」とは、罠にかける、囮捜査のこと。

リバーシブル!ボスジャン等々が15万名に当たる、かも



宇宙人トミー・リー・ジョーンズが出演するCMでお馴染みの、
サントリー缶コーヒー「BOSS」は現在、伊達男に似合いそうな、
ご覧のリバーシブル!ボスジャンやボス・スマホ対応グローブなど、
お洒落なオリジナル・アイテムが何と、その場で総計15万名に当たる、
「BOSS 2018 自動販売機限定キャンペーン」を実施中。

自販機で購入の対象商品に「当たりシール」がついていたら、
パソコン・スマホからキャンペーンサイトにアクセスし、
シールに印字されている14桁のシリアルナンバーを入力。
運が良ければ、彼の賞品が抽選で当たるかも知れないのだ。
(締切は10/31の23:59)
ということで、今日も amazon の面白い映画を2本ご紹介。
Today's BGM
各駅停車(猫)
渡良瀬橋(城之内早苗)
逢うたびに君は(小椋佳)


1作目は2013年に公開された、
アメリカのハートフルな音楽映画「はじまりのうた」(原題:Begin Again)。
製作した曲が映画に採用された恋人のデイヴとともに、
イギリスからニューヨークへやってきたシンガーソングライターのグレタだったが、
デイヴの浮気により彼と別れて、友人のスティーヴを頼る。
スティーブは失意のグレタを励まそうとライブバーに連れていき、
彼女を無理やりステージに上げる。
グレタが歌っていたところ、
偶然その場に居合わせた落ち目の音楽プロデューサー・ダンの目に留まる。
ダンはグレタに一緒にアルバムを作ろうと持ち掛ける。
キーラ・ナイトレイ、マーク・ラファロ、ジェームズ・コーデン、アダム・レヴィーン。
劇中歌「Lost Stars」が第87回アカデミー賞(歌曲賞)にノミネートされた。

2作目は、1994年公開のアメリカ映画「The Client」(邦題:依頼人)。
テネシー州メンフィス。
上院議員殺しの真相を知る弁護士が自殺した。
検事局は、目撃者の11歳の少年マークの口を割ろうと執拗な接触を図る。
頼る者のないマークは、僅か1ドルで女弁護士ラブを雇うが…。
「ペリカン文書」「ザ・ファーム/法律事務所」に続く、
ジョン・グリシャム原作の法廷サスペンス。
子役の演技が凄く上手で、文句なしに"超"面白い!
スーザン・サランドン、トミー・リー・ジョーンズ、ブラッド・レンフロ。