9/17/2019

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり



お通夜の席で、よく坊っつぁまが人の死を例に挙げて「無常」を説く。
「この世の一切のものは必ず変化し続け、一定に留まることは無い。
人生も儚いものであるから、みな心して日々を大事に生きよ、云々」
という、皆さんお馴染みのあの説教だ。

お通夜に参列しているのは、
ま、中には義理で仕方なくと云う人も居るだろうが、
大半は遺族だったり親戚だったり仲の良かった友人、
或いは仕事や地域等々の繋がりだったりと、
故人とは少なからず所縁(ゆかり)があって、
尚且つ故人の逝去を本心から悼んでいる人ばかりの筈なので、
坊っつぁまの教えが聊か押し付けがましかろうとも、
割と胸にグサッと来る場合が多い。
尤も、「よし、俺も明日から気合を入れ直して精進するぞっ!」
との決意は、いつも3日と持たないが…。
Today's BGM
コーヒーブルース(高田漣)
死んだ男の残したものは(森山良子)
夜空ノムコウ(中西保志)


実は先月の20日過ぎに中学の同級生がまた1人、
あの世へと旅立った。
工大高~大分工大を出て暫く建築士として働いていたけれど、
体を壊し奥方とも離婚。
晩年、と言っても確か40代の頃に天草に帰り、
親が遺してくれた貸家の家賃収入で生計を立てていた、
I田工務店の御曹司「イシブー」ことI田カツノリ君だ。

熊本市内に嫁がれた実の姉上によると、
何でも2月頃イシブーの肺辺りにがんが見つかり、
市内のさくら何とかという総合病院に入院。
抗がん剤による治療を受けていたものの、
持病の肝臓の数値が(いつ頃からかは不明ながら)みるみる悪化し、
危篤から僅か2日ほどで呆気なく逝ってしまったのだとか。

姉上から知らせを受けた小生は早速、
実家がI田工務店の隣で、
イシブーとは恐らく一番仲が良かったであろう、
中高の同級生・M崎キヨシ君に電話連絡。
「入院したことだけは知っていた」という元教頭の彼は、
申し訳無さからか、お通夜の受付も自ら買って出ていたようだったが、
高校卒業以来45年ぶりに聞いた、今も耳にしっかり残っている、
「知らせてくれて、どうもありがとう」の声が、
実は小生にとってキヨシ君との最後の会話になってしまった。
(受付時はタイミングを逃し、話せず仕舞い)

青天の霹靂と言うか、諸行無常と言うべきか、
心筋梗塞で昨日、彼もイシブーの後を追うかの如く、
早々とあの世へ逝ってしまったのだ。
お通夜は今夜7時、葬儀は明日1時、何れも天寿殿にて。
無論、今となっては話も出来ず、合掌するしかない。

9/16/2019

備えあれば患なし



どのチャンネルだったか忘れたが、
先日の晩、テレビでニュースを見ていたら、
千葉県在住の厳(いか)めしい顔をした初老のオバサンが、
「自衛隊は何もしてくれないし、
政府は(この非常事態に)内閣改造だと」
と、ヒステリックに声を荒げていた。

停電や断水が長引き、
暑さと空腹と不安と恐怖で多分、
夜もろくすっぽ眠れていないんだろうから、
文句の一つも言わなきゃ気が済まないという、
その気持ち、全然解らないでも無いが、
そもそも台風や地震は人知の及ばない「天災」であるし、
非常食や飲料水、ラジオ、懐中電灯、非常持ち出し袋等々、
万が一への備えは基本、
個々でしっかり対応すべきことであるから、
幾ら想定外の被害を受け、復旧が多少覚束ないからと言って、
それを全部お上の所為にするのは、
ハッキリ言って飛んだお門違い。
小生は、そう思った。
Today's BGM
家に帰ろう(竹内まりや)
渡良瀬橋(河口恭吾)
輝く月のように(Superfly)


しかし、歯に衣着せぬ物言いで知られる落語家の立川志らくも、
「内閣改造を多少遅らせても台風被害対策に重点を置くべき。
少なくとも停電が全て解消されてからだよ」
「小泉進次郎さんが環境大臣になったから、
その明るさで千葉の停電を照らそうとでも言うのか?んな馬鹿な」
とツイッターで批判。
また、立憲民主党・福山幹事長も、
政治日程があったことは理解しているとした上で、
「酷暑が続くなかクーラーもきかない状況を横目で見ながら、
燕尾服を着て内閣改造をやる姿勢に疑問を持たざるを得ない」
と野党ならではのコメントを出したそうな。

なお、非常食も然ることながら、
1. AM・FMラジオ受信
2. スマホ・携帯電話充電
3. LEDライト
の1台3役の機能を持ち、
単3電池2本、若しくは手回し充電、太陽光充電の何れかでも動くという、
スマホ充電用マイクロUSBケーブル、
ケータイ充電プラグ・アダプター、ハンドストラップ、非常用笛、
キャリングポーチ付きの超スグレモノ「SONY ポータブルラジオ」も、
是非手元に備えておきたいところだ。

9/13/2019

マラソン五輪代表選考レース、15日号砲!



ご承知の通り、
東京五輪のマラソン代表選考レース(MGC)が今度の日曜、
明治神宮外苑発着の日本陸連公認コースで行われる。
号砲は男子が朝8:50、女子が同9:10。
MGCとは、Marathon Grand Championship の略だ。

さて、これまで男女とも複数回実施されていた代表選考会が何故、
一発選考に改められたかは無論、
選手のみならず関係者、或いは全ての国民を、
結果如何に拘わらず「仕方ない」と納得させるため。
従って、例え本番で代表選手が見事に期待を裏切ったとしても、
誰も文句を言えないのだ。
Today's BGM
夢先案内人(柳ジョージ)
月光(鬼束ちひろ)
わかって下さい(因幡晃)


つまり、選手に掛かるプレッシャーはかなり小さくなるし、
本来の力を存分に発揮できる可能性はグッと高まる、と一石二鳥。
もちろん期待以上の活躍をしたら、それは自分の手柄だ。

但し、男女各3枠のうち、優勝者と2位は五輪参加標準記録、
即ち男子 2:11:30、女子 2:29:30を、
今年1/1~5/31にクリアしていれば即代表決定となるが、
残り1枠は今冬~来春にかけての対象大会、
(男子:福岡・東京・びわ湖、女子:さいたま・大阪・名古屋)において、
基準をクリアした最上位選手を内定。
仮に該当者がいなければ、
MGCで2枠に入らなかった次点の選手を選ぶという、
聊か面倒臭い決まりになっている。

因みに、MGC出場選手は男子31名、女子12名。
果たして結果や如何に?
MGCトリビア

9/12/2019

これ一体、何の幼虫?



日陰でもよく咲く、インパチェンス。
しかも初夏から晩秋まで長く楽しめるので、
半日も陽が当たらない家の北側等々に置くには正に持って来い。
拙宅でも2年ほど前から、
玄関口に八重のインパチェンスを飾り始めたのだが、
八重とは別に、今年初めて手を出したのが、
サカタのブランドもので、その名も「さくさくホワイト」と云う、
超花付きが良くて真夏の暑さにも全然へこたれない、
一重のインパチェンス(ブランド名は「サンパチェンス」)。

ところが先日、そのサンパチェンスの花の上に、
ご覧のような新幹線みたいな形をした、
生まれて初めて見る、可愛いと言えなくも無い黒い芋虫の姿が。
Today's BGM
幸せになるため(ハイファイセット)
イラヨイ月夜浜(BEGIN)
moon river(手嶌葵)


翌々日には体の斑点がオレンジ色になり、
さらに2日後の今日見たら何と、最初に見たのとは全くの別物、
大きさは二回りも三回りも大きくなって、
恰もアマゾンに棲んでいる蛇みたいな凄く毒々しい姿に。
調べたところ、セスジスズメという蛾の幼虫で、
毒は全く持たず危険性は無いものの、
インパチェンスだけでなく、ホウセンカやサトイモ、サツマイモなど、
色んな植物の葉を食べるそう。



そして彼は物凄い大食漢であるため、
一つ間違えば畑が全滅するほど、葉っぱを食べ尽くす恐れもあるのだとか。
そこで泣く泣く割り箸で摘まんで、今しがたポイした次第。
因みに、セスジスズメの成虫はこんな姿だ。
(多分、誰でも見覚えがある筈)

9/11/2019

明後日13日(金)は、「中秋の名月」



旧暦8月15日に当たる明後日(9/13)は、十五夜。
例え13日の金曜日でも、
ジェイソンにはお構い無しに月を愛でる日となる。
別名「中秋の名月」。

何故「中秋」なのかは、その昔、
1・2・3月が春、4・5・6月が夏、7・8・9月が秋、
10・11・12月が冬だったためで、
秋の真ん中(8月)に出る満月のことを古来「中秋の名月」と呼ぶ。
ま、実際は真円では無いのだが…。
(新暦と旧暦とは約一か月のズレが生じるため、
現在は9/7から10/8までの間に訪れる満月の日を、
「十五夜」に定めているらしい)
Today's BGM
あの素晴しい愛をもう一度(加藤和彦・北山修)
風になりたい(沢田聖子)
ダンディズム(谷村新司)


また、旧暦8/15は六曜で必ず仏滅となるため、
「仏滅名月」とも言われるらしいが、63歳の小生、
未だかつて一度も、そんな呼び方をする人には出会ったことが無い。
さて、「芋名月」とも呼ばれる十五夜には、
必ず芋を供える必要があるかと云うと、そうでは無く、
基本は豊穣の象徴とされる満月を象った「月見団子」と、
魔除け+稲穂をイメージした「すすき」の2つ。
寂しければ、庭の草花を飾ってもいい。

因みに、十五夜に対して「後(のち)の月」と呼ばれる、
今年の十三夜(旧暦9/13)は10/11(金)。
「三の月」と呼ばれる十日夜(旧暦10/10=とおかんや)は、
11/6(水)だ。