鈍(なまくら)で剃っていては、折角の男前が台無しに



深剃りの気持ち良さに惹かれて暫く、
Schick の4枚刃(T字型)を愛用していた小生。
しかし、2年前に急遽入院する破目になり、
已む無く病院からの指示通りに電気カミソリを購入。
以来その安物をずっと使い続けている。

ところが先日、あることに気付いた。
プレシェーブ・ローション(刃を滑りやすくするヤツ)を毎回、
使っているにも拘らず、
また、特に刃を強く押し当てていると云う訳でも無いのに、
顎と唇の間の部分から血が滲んできて、
しかも、これが結構沁みるのだ。
「もしかして、そろそろ刃の替え時?」
Today's BGM
真珠のピアス(松任谷由実)
時間よ止まれ(矢沢永吉)
シンシア(原田知世)


実は、電気カミソリの使用開始から2か月ほど経った頃、
うっかり手を滑らせて、そのカミソリを硬い洗面台の上に落とし、
外刃を破損させてしまったことがある。
その時、外刃だけは直ぐに交換したんだが、
まだ期間が浅く、然程消耗していなかったからか、
切れ味が増したとまでは全然思わなかった。
ところが今回、試しに内刃を交換してみたところ、
正に唖然とするほどの切れっぷりで、
これが同じカミソリか?と正直そう思った次第だ。

因みに、小生愛用のパナソニック・ラムダッシュの場合、
外刃と内刃のセットで3千数百円。
(本体は確か2年前に6~7千円だったかと)
「そう言えば最近、カミソリの切れ味がイマイチ」
と一瞬でも思われた方は、是非ご検討を。
なお、Panasonic では外刃1年、内刃2年を交換の目安としているが、
髭の硬さや密度、面積、頻度によって刃の耐用年数は変わってくるので、
「刃が引っ掛かるようになった」
「剃った痕が以前よりヒリヒリする」
といった印象の方を大事にすべきかと。

さて、amazonでは、
年に一度のプライム会員のためのビッグセール、
「アマゾン・プライムデー」を16日(祝)正午より開催する。
ありとあらゆるジャンルから提供される超お値打ち品を、
貴兄もこの機会に探してみては?

0 件のコメント: