今週末より順次、「天草ほんどの夏祭り 2018」



江戸後期から伝わる由緒ある踊りだから。
「佐渡おけさ」「阿波踊り」など、
全国40か所以上のハイヤ系民謡のルーツだから。

高々そんな理由で、
「牛深ハイヤ」を本渡で行なう夏祭りのメインに据えるばかりか、
名前まで「天草ほんどハイヤ祭り」とするのは不届き千万、
地元としては堪ったもんじゃあ無い。
即刻、手討ちにしてくれんと言いたい所だが、
怒りの矛先をどこに向けたらいいのか分からないし、
「随分、了見の狭いヤツだな」と思われたくも無いので、
このまま放っておくことにする。
Today's BGM
夏への扉(山下達郎)
淋しい雲(森田童子)
線香花火(さだまさし)


因みに、本渡でハイヤ踊りが始まったのは、
街中であの大火事があった2年後の昭和41年。
市庁舎落成、市制10周年、天草五橋開通、
国立公園編入10周年、大火復興を記念する五大祝賀式典が行われ、
本渡婦人会が旧市営グラウンドにおいて、
ハイヤ節を披露したことがきっかけとなり、
翌42年より夏祭りの中心イベントとして正式に採用されたのだとか。

ま、旧本渡市民としては、も少し本渡らしさをアピールするか、
熊本のボシタに負けぬほど勇壮なものに仕上げて欲しかった、
というのが正直な気持ちだが、
そうならなかったのは、きっと他にいいアイデアが浮かばなかったからか、
或いは、当時の横山市長を始めとする執行部や議会の面々が、
ボーっとして生きていたからか、の何れかなんだろうけど。

「天草ほんどハイヤ祭り 2018」
7月21日(土)19:00 天草子ハイヤ(小雨決行、荒天順延)
7月28日(土)20:30 全12,000発の花火大会(29、30日が荒天予備日)
7月29日(日)13:00 踊りの競演(市民センター)
8月04日(土)19:20 道中総踊り(雨天順延)
なお、小生の2つ先輩でもある鶴田一郎さんが描いたポスターを、
実行委員会(商工会議所内)にて1枚500円で発売中。

0 件のコメント: